Search
Search Menu

プロジェクターをレンタルする方法

イベント会場やビジネスの現場で利用するプロジェクターは、使用頻度が低いならレンタルがお得です。

なので、昔からレンタルは盛んに行われており、必要なときだけ業者から借りるケースが多くありました。

一般的な借り方としては、様々な品物をレンタルしている業者に問い合わせて、プロジェクターを借りる方法です。

様々な機器をレンタルしている街中の店舗にも置いてあるので、意外と簡単に借りることができます。

しかし、これまで多くの人が利用していた借り方は、賢い借り方とは言えません。

色々と損をしている部分も多く、知らず知らずのうちに不利な条件でレンタルしています。

賢い借り方なら、利便性の高いレンタルをもっと便利に利用することが可能です。

ですから、これからイベントやビジネスなどのためにレンタルをするなら、賢い借り方を心掛けましょう。

プロジェクターのレンタルでおすすめの方法は、映像機器の専門店から借りることです。

映像機器の専門店には、様々な機器を取り揃えています。

なので、目的や使用する場所、予算などにも合わせやすくて、さらに専門知識があるので対応が良いのも特徴で、無駄な部分が全くありません。

自分が求めている機器をレンタルすることができるので、使いやすくなるでしょう。

また、専門店は様々な機器をレンタルする業者に比べると、料金も安くなります。

低コストで使いやすいプロジェクターをレンタルできるのが、専門店の利用をおすすめする理由です。

こうしたメリットのある専門店の中で、特におすすめできるのがAZAです。

AZAは映像機器のレンタルを専門とする店舗で、ネットを使いレンタルの申し込みができます。

なので、近くにレンタルできる業者の店舗がなくても、いつでも借りることができます。

借り方は非常に簡単で、ホームページから申し込みをするだけです。

あとは宅配便が届けてくれ、使い終わったら送られてきたダンボールに入れて、宅配便で送り返すだけです。

簡単に利用できますから、ネット通販と同じ要領でレンタルすることができるでしょう。

プロジェクターの賢い借り方は、AZAのように便利で対応が良い業者を見つけることが、まずは大切なポイントです。

良い業者で賢い借り方をすれば、利用していても不満を持つことはありません。

これまでレンタルをして料金が高いなどの不満を持っていた人は、専門店を利用してみましょう。

様々な機器をレンタルする会社に比べると対応が良いので、不満は感じないはずです。

プロジェクターのレンタルはAZA

プロジェクターレンタルの見極め方 EB-X12(2800ルーメン)とNP-PE401HJD-N2(4000ルーメン)

プロジェクターレンタルする上で、私達が注意しなければならないのは、【ルーメン】です。そこで、レンタルしようという人たちは、EB-X12(2800ルーメン)とNP-PE401HJD-N2(4000ルーメン)どちらを選択しようと思うのでしょうか。

そこには、【2800ルーメン】と【4000ルーメン】の大きな違いがあります。

EB-X12(2800ルーメン)とNP-PE401HJD-N2(4000ルーメン)の選択

一見、プロジェクターレンタルのことがあまり良くわからないのなら、 NP-PE401HJD-N2(4000ルーメン)を選択しておけという気持ちも生まれてしまうかもしれないですよね。実際に確認してみましょう。

EB-X12(2800ルーメン)とNP-PE401HJD-N2(4000ルーメン)のプロジェクターを実際に並べてみて……。

EB-X12(2800ルーメン)とNP-PE401HJD-N2(4000ルーメン)は、若干の違いはあるような感じはありますが、数値が示すほどまでの違いがないという感じもあります。

あとは、プロジェクターレンタル料金の問題があり、EB-X12(2800ルーメン)が特別レンタル料金が安いというのなら、この程度の差ならEB-X12(2800ルーメン)のほうが全然お得感がありますね。

差は実際にある?

しかし、 EB-X12(2800ルーメン)とNP-PE401HJD-N2(4000ルーメン)には大きな差があるのも事実であり、等倍で切り取って詳細を見れば、ルーメンの差は一目瞭然です。

テキストやコントラストを重視する使用用途の場合は、しっかりルーメンを意識してプロジェクターレンタルの選択をするべきでしょうけど、近付いてみなければ、なかなかそこまでわからないというのも事実です。ですから、あとはみなさんのプロジェクターレンタルの用途の問題であり、できるだけ明るく、解像度の良い(フルハイビジョン)プロジェクターを使った方いいという時には、しっかりNP-PE401HJD-N2(4000ルーメン)の選択をするべきでしょう。

しかし、 EB-X12(2800ルーメン)を選択しても、照明を落とせばプロジェクターの映像はかなり映り方を改善することができます。

部屋を暗くすることができる環境ならば、そのような選択肢によってレンタル料金も安く済ますことができるでしょう。

いかがでしょうか。はじめてのプロジェクターレンタルでは、いろいろ悩みもあるでしょう。わからない時には、信頼できるお店を見つけて、聞くというのも方法ではないでしょうか。長いプロジェクターレンタルのおつきあいをはじめてみましょう。

プロジェクターの規格について

プロジェクターは、映像をスクリーンに映し出す装置のことで、仕組みとしては映画のように装置から発せられた光による映像をスクリーンに投影することで、大画面に表示させることができるというものです。

現代のプロジェクターは、主にパソコンなどの画面を表示させるために使われており、それぞれ規格化された映像出力を利用することができます。一般的に映像出力に使われる規格として、現代の機種で幅広く使われているのがHDMIです。また古いVGAやRCAも使うことができる機種もあります。一方でパソコンなどの場合、ソフトウェアをインストールしてUSBを使うといったことも可能です。

一方で投影するスクリーンにはサイズ規格が用意されています。実際にはプロジェクター側でサイズの調整が可能なので、サイズ以上の投影も可能ですが、対応した大きさ以上になると明るさが足りなくなって白っぽくなり見えにくくなります。画面サイズは最低50型から450型まで用意されています。一方で投影する映像によって縦横の比率が変わるので注意が必要です。NTSCタイプであれば、50型で1016ミリ✕762ミリなのに対して、同じく50型でもHDタイプでは1107ミリ✕623ミリと横長の長方形になり、縦のサイズが縮小していきます。

プロジェクターのルーメンとは

便利なプロジェクターは、会議やセミナー、イベントで活用されることが多いです。

プロジェクターには様々な種類があり、用途に合わせて選ぶことが大事です。

スクリーンで選ぶ人も多いです。

適切なプロジェクターを選ぶことで、演出を効果的に行うことが可能となります。

プロジェクターの性能を表すのが輝度で、その単位はルーメンです。

ルーメンは、光の量を計算する単位で、プロジェクター選びの基準となるものでもあります。

点灯させたローソクを1メートル先に置いた時に、手元で確認することができる明るさのことをルーメンと呼びます。

ルーメンの値が高くなるほど、明るい部屋であっても鮮明な映像を見ることができるのです。

プロジェクターを使う部屋の暗さによって、最適なルーメンの基準も変化します。

家庭用の製品であれば、1000から2000ルーメン、業務用として使う場合は、2500ルーメン以上が目安となっています。

結婚式場やコンサート会場のように、会場の規模が大きくなると、さらに明るさが必要になります。

プロジェクターをどこで、どのように使うかによって、選ぶ製品も変わってきます。

イベントなどの状況に応じて、最も適切な製品を選ぶことが大事です。

プロジェクタースクリーンの取り扱い方法

最近は、ノートパソコンの性能が高くなり、ノートパソコンとプロジェクターを会議や研修などのビジネスシーンで使うことも多くなっています。

プロジェクターの取り扱い方法と組み立て方を覚えてしまえば、プロジェクターを活用して、大型のスクリーンに資料やデータを映し出し、効率良くプレゼンテーションすることができます。

商品やサービスの特徴なども、明確に伝えることができるため、多くの人に利用されています。

パワーポイントで作った資料を、パソコンから直接プロジェクターに接続するだけで効果的なプレゼンテーションが可能なので、必要なコストを大幅に削減することもできます。

最近は、様々なビジネスシーンで簡単に使える高性能でコンパクトなプロジェクターが開発されています。

持ち運びやセッティングが簡単にできるため、とても便利です。

ここ数年で、レンタルの人気も高まっています。

レンタルのプロジェクターは、必要な時だけに利用することができるため、経済的な負担も少なくて済みます。

今の時代は、新しい製品を購入しても、すぐにレベルアップされた製品が販売されます。

ですから、常に新しい製品を利用することができるレンタルの方が良いと考えている人が増えているのです。

借りるのも返すのも簡単なので、様々な年齢層の人がレンタルサービスを利用しています。

プロジェクターの解像度は

セミナーやイベントなどを行うことが多い人は、プロジェクターを使うことも多いです。

プロジェクターは、スクリーンに画像を映写できる機器のことで、大画面で映像を楽しむことができます。

プロジェクターを選ぶ時に、プロジェクターの解像度を参考にして選ぶ人も少なくありません。

解像度が高いと、画像も鮮明になります。

プロジェクターの解像度は、パソコン画面やデジタルカメラで使われるケースと同じような意味を持ち、解像度が高ければ、表示できる情報量が多くなるので、鮮明な映像を映し出すことが可能になるのです。

解像度は、縦と横のドット数で表記されます。

画素数の数値が大きいほど、点の数が多くなり、より細かな表現ができるようになるのです。

フルハイビジョンと4Kの画素数を比べてみると、4Kはフルハイビジョンの4倍も高精細になります。

パソコンを使う場合、パソコンの解像度が低いと、適切な映像を映す出すことができません。

ですから、パソコンで出力する場合は、パソコンとプロジェクターの解像度を合わせることが必要なのです。

画素数は、画面がどのくらいきめ細かいかという指標となります。

プロジェクターを使う場合は、目的に合った性能を持つ製品を使うことが大切です。